にじのおと

カラーセラピー、日々の出来事を日記としてのせています。

マスクの話😷

今まで洗って使うタイプのマスクを使ってた主人は、仕事中汗が半端ないから、使い捨てマスクを使ってみることにしたことからきた会話です。

 

「ねぇ、マスクってどっちが表?」と聞いてきました。

 

私は「えっ!今まで考えたことない。(箱にまとめて入っているやつは)上から取って下になっている方が内側だと思って使ってたから」「後は見た感じでわかる!」と言ってたら

 

主人は、「いやいや、表と裏でなんか滑り感というかなんか、違う感じしない?」と言ってきました。

 

それに対して私は「まぁ、どっちでもいいんじゃない?マスクで全てを予防できるわけじゃないんだし」と言ったことから👊🏻の真似をされました。

 

裏表どっちでもいい!ということに、

「そうなんかーい」と言った感じだったんでしょうね。

 

しかも、主人が購入したマスクは個装で私が下の部分を内側にしているというこの適当?(笑)な解釈も当てはまるかも分からず…仕事に出かける前の会話だった為、そのまま主人は出かけました。

 

私はマスクに関しては仕事でも前職含め以前からマスクを使用していた為絶対的な根拠の無い自信があった為、全くもって疑わずマスクの裏表を聞かれたこともびっくりでした。それだけに、主人が出かけた後気になり調べてみたら、マスクはその種類によって裏表が違うということ、またマスクの箱に記載してあることがわかりました。

 

そもそも自分が正しいと思って疑わなかったことや説明書を必要にならないと読まないことから、今回はこんなとこにも、思い込みのワナがあったのかぁと思ったこと、また主人の一言でそれに気が付き調べるまでに至り、物事ひとつの考え方や受け取り方の勉強をさせてもらいました。

 

ほんと、面白いわ〜。

人それぞれ引っかかりポイントが違って🤣

えっ!私が適当すぎるのかって(笑)

 

今日も最後まで読んで頂きありがとうございます😊

アルバイトのあれから・・・

バイト辞めたい!と言ったあの日から昨日アルバイトが入っている日でした。

 

帰ってきた様子をみると、心無しか顔の緊張がほぐれている感じがしました。

そこで、「今日はどうだった?」と聞くと

「今日、家族連れで来ていたお客さんの子どもの小学生に帰りのお見送りにまた、来ます!」と言われて嬉しかった😊と、言っていました。

 

これを聞いて

「これは、嬉しいよね?こういうのが接客業にはホントに嬉しいことなんよ」と話しました。

 

 

いつも、バイトの行きには、どうしようかあれこれ考え、帰りは1人反省会をしているようですが、彼にとっては、嬉しい出来事のようでした。

 

今日は今日で、帰ってきてから、

「疲れた〜!」の他に「やっと、少し慣れてきたかも!」ということや、今度からのシフトは「夜はなしにした」というように自分で伝えれたのかな?と思います。

 

 

今日は初心者マークに気づいたお客さんから「頑張ってね」と言われたようです。

 

こうやって、成功体験ではないですが、喜びの体験は自信にも繋がるしいいなぁと思います。

 

社会勉強と高校生活楽しくできるますように💜

 

 

今日も最後まで読んで頂きありがとうございます😊

自分スクリーン

昨日の続きから、、、

自分でしたいと言って始めたアルバイトと学校での提出物で息子がメンタル面で躓いた時の事です。

 

その時、ちょっとダメな自分も受けいれてみるということと、自分をちょっと違う視点からみてみる。ということをいいました。

 

現実に起こっている出来事は、単なる出来事として自分の映画を観る感覚でみる。(近ずき過ぎずに)

私たち魂での本当の世界はこの世ではなく夢の世界なんだよ。と話すと「俺結構、正夢見たいなのある!」と言っていました。

 

そして、全てはエネルギーから出来ていて自分が思った、想像した通りのことを引き寄せること。だから、不安だ!不安だ!と思っていると不安なことばかりが現実としてやってくる。嫌だけどそうなっちゃうんだよ。

 

「でも、俺は悪い方に考えてしまう」と彼がいうので、「だから、さっきの自分スクリーンとしてみたら、ちょっと見え方変えられる気がしない?」と伝えると、彼は「客観的にみる感じやね」と言って彼なりに納得していたようです。

 

「後ね、これはお母さんが最近自分で気をつけている事で、自分で決めつけることをやめてみる」

 

まだ、まだ、考え方のクセというか、オーっとまたしてしまっている\(*°∀°*)/と思って修正かけたりしているけど、例えば○○苦手〜!とか○○出来ない〜ってこと。

これは、苦手や出来ない事をもしかしたら先に決めつけていないかということ。パソコンで言ったらそういう設定を自ら先にしていないか?

 

これによっても、かなり見える景色変わるんだよ。

 

 

今これを書きながら思ったんですが、これ、

思い込み解除と同じことじゃないか?

 

思い込み、刷り込み気づくと

「どんだけ〜☝️」と私の中のIKKOさんが登場。

本当に知らず知らずに沢山あるんです。

 

他にも、彼が

「5歳くらいの時に魂が変わったのか人格というか、何か変わった感覚があった」ということを話してきて、「その前までは前世的な記憶やったんかな?」なんてことも話してました。私自身も彼から聞いた初めてのことでした。

 

こういう話を息子と出来ることも、息子に起きた出来事で考えたり気づかせてもらったり、今週はまだ終わってませんが、怒涛のように出来事が進んでいます(笑)

 

このブログを書いている間に息子が、

「最近料理的なものしてないし、したいな」→

なぜか「クレープの話」になり「ミルクレープ」

となりました。

そういえば、昨年学校休んでたとき、マカロンやら、フレンチトーストやらいろいろ作ってたなぁ

(しみじみ(◡‿◡ฺ✿)

 

今日も最後まで読んで頂きありがとうございます😊

一緒に学ばせてもらっています

昨夜の事です。

息子が、ボソボソっと話しだしました。私は半分寝かかっていたので余計に何を言っているのか分からず「何言っているのか聞こえん」

と、彼に言いました。

 

すると、彼は

「結局、自分の事は嫌いや!」

と、一言、言ってきました。

 

「何でそう思うん?」と聞くと、

「やらなきゃ行けないと思っていることが、思うように出来なくて自分に失望。そして、バイトを始めてからこのまま行くと週1くらいしか学校にいけてない。」そういう自分が自分で嫌い。

 

あ〜、そうきたかぁ……(私の心の声😅)

 

やらなきゃ行けないことは、レポート提出の1つにある、自学の一種で、自分が興味もったことを題材も含めて考え調べるもの。1から考えなきゃ行けないので今の彼には精神的にもキツいらしい。

 

もうひとつはアルバイト。自分が稼いだお金で買いたい物があると始めたのですが、彼の様子はというと、アルバイトの前日から明日は大丈夫だろうか、と、アルバイトに行く当日まで不安でいっぱいの様子を私に話してくる。

(この状態を見てて心休まらないなぁ、キツイなぁと思っていた反面、慣れれば少しずつ変わるだろぅと私は様子を見ていました。)

 

アルバイト中は精一杯彼なりに頑張り、アルバイトに入った次の日は緊張から解放されて、やっと安心できる感じです。

 

こういう状態から、「アルバイト辞めたいな」とも

言ってました。

 

 

 

私はこれを聞いて「自分で決めればいいよ。アルバイト始めたくてしたけど、学校に行けなくなるのは、、、と思ってるんでしょ?それも、アルバイトを初めてみたからわかったんだしね。」

 

 

そこから、「自分と同じくらいに入った人で自分より、もういろんな仕事をしている」とかということを話しながら、自分はどうなんだろう?と人と比べて話をしてきました。

 

なので、アルバイトは仕事をしに行っているわけだけど、仕事ができる、できないでその人の全てを判断するものでないでしょ?

○○(子どもの名前)は仕事ができないからって、自分の人格まで否定しているよ。

それは、違うよ。

例えば、どこかの社長だったり、お医者さんだったりなんでもいいんだけど、そういう肩書きというかそういうのを関係なしにひとりの人間として見たときに見えるものこそ大切だと思うよ。

 

そして、いろんな側面が人にはあるよね。

いい部分も、ちょっとだめな自分もまずは、自分が認めて受け入れてあげて。自分で自分が嫌いなら誰も好きになってくれないよ。

 

(彼にもいいつつ、私自身にも言っているんです。いつも、いつも自信があるわけじゃないし凹むときもありますから。本当に彼を通じて一緒に学ばせてもらっています。)

 

この自分のダメなとこも受け入れる!ということと、もう1つ少し離れて見てみる(客観視)の話をしました。

長くなりましたので、客観視のお話はまた明日続きとして書かして頂きます。

 

おまけ(≧∇≦)

昔息子と毎週のように作っていたクッキー

f:id:nijino-oto10:20200806002736j:image

今日も最後まで読んで頂きありがとうございます😊

気づき

今日、父の友人でもあり、家族ぐるみの御付き合いをしていた方の葬儀に行ってきました。

 

昨日母から聞いていましたが葬儀に行ってきたにも

関わらずまだ、あまり実感がわきません。

 

キレイにして頂いてて、まるで話だしそうにも見えました。

 

 

やはり、ひとの死は何度携わっても慣れないです。

 

 

 

父と、一緒に仕事をしてきて、私の息子も可愛がっていてくれてたのを晩ごはんをたべながら思いだしました。

 

そう、初めて私の息子にお菓子を買い与えたおじさん!その時は「なんで〜、チョコレートの味覚えさせたらダメじゃん!」と、思ってたことを息子本人に言って笑い話をしていました。

 

 

そこで、

今日葬儀が終わりお坊さんが「気づき」という言葉を何度も言われていたことを思いだしました。

 

 

あ、こういう話をさせてくれた。

思い出話に笑える。

故人が私たちに教えてくれた気づきは笑顔で見送る。故人が笑っている顔がもう、ここに出ています。

 

 

今日も最後まで読んで頂きありがとうございます😊

 

アルバイト(つづき)

研修も兼ねての初日は、帰ってくるなり

「疲れた〜」と一言。

 

疲れた顔にも少し私には充実したように見えました。

 

 

そして、昨日2回目のアルバイト

朝から履歴書を一緒に見ながら書いて、アルバイトの時間までは身体を休めていました。

 

 

 

でも、昨日よりも何度も「緊張する〜」と、

吠えていたので、「やってもいない事を考えても仕方ないよ」と伝えました。

 

すると、初めてのアルバイトにしては、と

褒められたことをいいました。

 

 

なるほどね、「○○の性格なら褒められたら、それに応えなきゃとより頑張ってしまうから、別に頑張り過ぎなくていいと思うよ」というと。

でも、褒められたら嬉しいし応えようと頑張ってしまうやん?と答えました。

 

確かに、わかる!わかるよ、母もつい、一所懸命やってしまうタイプだから。で、帰ってきたら、余力が無くなって、、、というの経験済だから言えるのよ。

 

頑張るのもいいけとほどよくね☺️

 

今日も最後まで読んで頂きありがとうございます😊

 

 

 

アルバイトまでの道のり

お久しぶりの投稿です。

 

気づけばもう、7月も終わりに迫ろうとしています。

 

書こうかな、というタイミングを逃し、今月初めての投稿になります😅

 

 

高校生になり、アルバイトをしたい!と言っていた息子が昨日アルバイトの面接に行ってきました。

 

 

まずは、そこに至るまでの経緯をお話します。

 

ある日のこと、

息子「ねぇ、アルバイトってどうやってみつけるん?」

私「例えば、スーパーとかなら掲示板に募集チラシ何かがあるし、飲食店ならチラシ貼ってあったり、後は求人情報を調べたてみたら?」

息子「ふ〜ん」

 

 

それから、なかなかこの時期だから難しいかな?

なんて、、、いろいろ言う日々が続き。。。

 

 

息子「ねぇ、これどう思う?」

        と、ある求人をみせてきました。

私「いいと思うよ」

息子「じゃ、メールで応募だからしてみる!」

        と、いい「ねぇ、これ、この書き方でいい?」

        とか私に聞きながら何とかメールを送りました。

 

 

しばらくして、、、

 

先方からメールがきました。

 

1度面接をしたいが都合つく時間はいつか?

学校の許可は大丈夫か。ということなどをやりとりし面接に行くことになりました。

 

 

基本的にはきっと高校生ではアルバイトは禁止の学校が多いのかな?と思いますが、彼の通っている学校は通信制です。学校に確認もしたら、○ ただ、どういうことをするのか把握したい。と言ったことでした。

 

私もアルバイトは賛成です。

同級生以外の人と一緒に仕事を通じて学べる。

いろんな方の考えを知れる社会勉強になると思うからです。

お金を頂くという、大変さや喜びも分かると思いますしね(👍 ̄▽ ̄)👍

 

もう、すでに彼の通う通信制の学校は同級生という

枠組みではないので少し違うかもしれませんが(笑)

 

面接から、帰ってきた彼に、

「どうだった?」と聞くと

「明日○○からきて!」と言われた。

で、採用になったら履歴書がいるから。とのこと。

 

 

その話が終わったら…

彼は大きな声を出すのが恥ずかしいから、明日から大丈夫か、心配😔なんて、言っていました。

私は一所懸命やってたら、大丈夫だよ!といいました。

 

仕事に一所懸命だと、やりこなすのに必死で恥ずかしいから出来ない。という気持ちもその時は抜けているのでは?と思うからです。

 

 

さて、あすが研修も兼ねての初日。

帰ってきてからの反応が楽しみです😊

 

 

昨年学校に、行きたくない。となってたときは、人になるべく会わなくていい仕事をしたい。と言っていた彼。今もそれが無くなったわけではないようですが、彼にもその期間何度も話していましたが、

人と関わらずできる仕事はない!そして、関わることで、いろんな学びや成長が生まれる。辛いことを学ぶのも嬉しいことを知ることもやっぱり人間関係からだと、私の拙い経験上思うからです。

 

 

採用されたら、次は履歴書の書き方を息子にお願いされています。

大したことは教えられませんが、やはり息子が嬉し

いと母はもっと嬉しいですね。

 

 

今日も最後まで読んで頂きありがとうございます☺️